読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

M.C.P.C. (Mamesibori Creation Plus Communication)

印刷屋から五反田のWeb屋に転職したCLのブログです。

LANDISK HDL2-Aの専用フォーマットをLinuxで行いAFT HDD対応

Linux

LANDISK HDL2-Aという同型のHDDが2台入ったNASを使っております。NTT-Xで狂った安さだったので買ったやつです。

で、これをRAID 1にして使っているのですが、ご存知の通り、RAID 1であってもコントローラが壊れると結局データにアクセスできなくなるので、さらに別のHDDにコピーしておいた方がいいといわれていまして、この製品の場合も、USB HDDにFAT32もしくは専用フォーマットを施すことでコピー用の第三のストレージユニットが用意できます。

その第三のストレージユニット用に買ってきたHDDなのですけれども、今時のHDDはフォーマットが以前と違ってAFTなるものになっていて、何も考えずにフォーマットするとAFTに適合せずに遅くなるとなむ。何も考えずにフォーマットしてくれるモノの代表格としてWindows XP(63セクタースタート)とかあるのですが、このLANDISK HDL2-Aに至っては、この機械の専用フォーマットをすると1セクターからのスタートとなりまして、これもあかんやつでした。

というわけで、いろいろ調べたところ、LANDISK HDL2-Aの専用フォーマットなるものは、Linuxext3ファイルシステムで、ルート用の予約領域がない設定でありました。

以下は、LANDISK HDL2-Aの専用フォーマットしたものを再フォーマットしてみた感じのものです。最近のWindowsの流儀にあわせて2048セクタースタートにしました。使ったLinuxはXenServer 6.2です(察してください)。partedはCentOS 5のrepoから借用。

[root@xs01 ~]# parted /dev/sdc
GNU Parted 1.8.1
/dev/sdc を使用
GNU Parted へようこそ! コマンド一覧を見るには 'help' と入力してください。
(parted) p                                                                

モデル: WDC WD20 EZRX-00D8PB0 (scsi)
ディスク /dev/sdc: 2000GB
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始    終了    サイズ  タイプ      ファイルシステム  フラグ
 1    0.51kB  2000GB  2000GB  プライマリ  ext3                    

(parted) u s                                                              
(parted) p                                                                

モデル: WDC WD20 EZRX-00D8PB0 (scsi)
ディスク /dev/sdc: 3907029167s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始  終了         サイズ       タイプ      ファイルシステム  フラグ
 1    1s    3907029167s  3907029167s  プライマリ  ext3                    

(parted) rm 1
(parted) mkpart 
パーティションの種類?  primary/プライマリ/extended/拡張? p                
ファイルシステムの種類?  [ext2]?                                          
開始? 2048s
終了? 3907029167s                                                         
(parted) p                                                                

モデル: WDC WD20 EZRX-00D8PB0 (scsi)
ディスク /dev/sdc: 3907029167s
セクタサイズ (論理/物理): 512B/512B
パーティションテーブル: msdos

番号  開始   終了         サイズ       タイプ      ファイルシステム  フラグ
 1    2048s  3907029167s  3907027120s  プライマリ                          

(parted) q                                                                
通知: 必要であれば /etc/fstab を更新するのを忘れないようにしてください。  

[root@xs01 ~]# mkfs.ext3 -m 0 /dev/sdc1
mke2fs 1.39 (29-May-2006)
Filesystem label=
OS type: Linux
Block size=4096 (log=2)
Fragment size=4096 (log=2)
244203520 inodes, 488378390 blocks
0 blocks (0.00%) reserved for the super user
First data block=0
Maximum filesystem blocks=0
14905 block groups
32768 blocks per group, 32768 fragments per group
16384 inodes per group
Superblock backups stored on blocks: 
    32768, 98304, 163840, 229376, 294912, 819200, 884736, 1605632, 2654208, 
    4096000, 7962624, 11239424, 20480000, 23887872, 71663616, 78675968, 
    102400000, 214990848

Writing inode tables: done                            
Creating journal (32768 blocks): done
Writing superblocks and filesystem accounting information: done

This filesystem will be automatically checked every 20 mounts or
180 days, whichever comes first.  Use tune2fs -c or -i to override.
[root@xs01 ~]# mount /dev/sdc1 /mnt/
[root@xs01 ~]# ll -a /mnt
合計 24
drwxr-xr-x  3 root root  4096  3月 25 22:15 .
drwxr-xr-x 23 root root  4096  3月 25 01:27 ..
drwx------  2 root root 16384  3月 25 22:15 lost+found
[root@xs01 ~]# chown nobody:nobody /mnt
[root@xs01 ~]# ll -a /mnt
合計 24
drwxr-xr-x  3 nobody nobody  4096  3月 25 22:15 .
drwxr-xr-x 23 root   root    4096  3月 25 01:27 ..
drwx------  2 root   root   16384  3月 25 22:15 lost+found
[root@xs01 ~]# rm -rf /mnt/lost+found/
[root@xs01 ~]# ll -a /mnt
合計 8
drwxr-xr-x  2 nobody nobody 4096  3月 25 22:24 .
drwxr-xr-x 23 root   root   4096  3月 25 01:27 ..
[root@xs01 ~]# umount /mnt 

てな感じにしたHDDを、Linux機から取り外して、USB接続HDDケースなどでLANDISKに接続すると専用フォーマットされた外付けHDDと認識する。出たばかりのWD Caviar Greenとは違ってそんな神経質になる必要はないかもだけれども、Linux側でアライメント調整ができるっていう例でございました。

というか、このHDDとは別に、その出たばっかりの頃の2009年もののWD Caviar Green 1TB WD10EADSが、Linuxで使おうとするとすぐファイルシステムが壊れちゃうんですよ……

広告を非表示にする